いやげものシリーズ 「いかチョコ・ホワイト」

贈り主・ケイト

 

なんか最近はこのコンテンツばかり充実していますが。  

 

先日里帰りした時    友人ケイトにおみやげとして頂いた。

 

ケイトはちなみに私の高校時代の同級生で、クラスは別だったけど、彼女があんまりかわいかったので、私は追っかけをして写真まで撮らせてもらった

(カメコだよ、それ)という人物である。

 

 

・・・・どーだろ  これ。

 

どうリアクションして良いものやら・・・。

 

さきイカホワイトチョコ、である。

別々に食べればどちらも美味しいものであるはずなのだが・・・。

 

仕方がない、食べてみる。

 

かなり甘みの強いホワイトチョコが舌の上でとろけると、これまた甘めに味付けされたさきイカが顔を出す。

 

さきイカは当然   溶けないので噛むと、チョコの甘さとさきイカの甘しょっぱい味が、

 

もう見事なまでに

 

 

 

調和しません。

 

ケイト「売り場には梅チョコもあったんだけどさ」

 

  ネタ提供サンキュ、ケイト。

 Izumi 2005  (Studio-izm.de)